8月の2輪目のバラとハナムグリ

2018年 8月 3日 金曜日 晴れ 

今日は金曜日じゃないようね、というのが今週の母の毎朝の口癖だった。 

母は今朝はアッパッパではなくて、Tシャツとパンツを着ていた。 今日は体操教室の飲み会で、8月は以降1か月間、教室はお休みになる。 母が楽しみにしていた。

いつものお迎えのご近所さんはお休みされると連絡があって、こんな暑い中の真昼間、午後1時前に独りで出かける母を見送った。

庭の8月の2輪目のバラとハナムグリ

私は私で、なぜこんなに早い更新かと言えば、つまり、これから午後4時過ぎに出かける。 

もう、すでに私自身はほぼ、フェードアウトしたのに、何を今さらと何度も自身に自問したが、四半世紀を共にした、費やした?と思うと、やはり行かねば気が済まない。

つくづく自分の馬鹿馬鹿しさを痛感するのだが、気が済まないのだから仕方がない。

お昼、冷やし中華 水菓子はキウイにした。

洗濯物を干し、金曜日の大掃除をタオルを首に巻いて汗びっしょりになりながら、無事に終えて、束の間、母とアイスクリームを食べた。 ベランダに干した洗濯物はすでに乾いていて、畳んでかたして、お昼の仕度を終えて母を送り出したら、午後1時過ぎだ。

母の夕食は準備した。

夕方から出かける気力があるなら、墓参に行くとか、草むら化した裏庭圃場をなんとかすべきなんだろうが、それらとこれとは、気が済まないという時点で、優先順位は本来低いにもかかわらず、率先したいことなのだ。

未練と虚栄心と・・・

午後4時前に母が帰宅すればよいが、帰宅しない場合でも、居間のエアコンを入れて出かける。

本日の収穫 トマト 72,73、74号

母を見送った後で思い出したこと。 遠縁の話:

「おばあちゃん、お化粧して一段と綺麗だよ」って言って、夏の踊りの会に送りだしたそうだ。 老人会の踊りの会で、お婆さんは倒れられて、そのまま帰らぬ人になった。

もう、ずいぶんと昔の話だが、こんな日は後ろめたいせいなのか、そんなことを思い出した次第。

何の話かわからないとは思うが、申訳ない。 でも、これで、良い記念として完全にフェードアウトできるような気がする。

読んでいただきありがとう。